本文へスキップ

スクラッチの使い方。子どもが簡単に使えるプログラミング言語。

スクラッチでプログラミング

子供向けのプログラミング言語【スクラッチ】の使い方。

スクラッチの使い方講座 第1回

「スプライト」という、スクラッチでプログラミングをする上で重要な機能について学んでいきます。

スクラッチの使い方講座 第1回


スクラッチの使い方講座 第2回

「スプライト」を動かす「スクリプト」について学びます。

スクラッチの使い方講座 第2回


スクラッチの使い方講座 第3回

「スプライト」と「スクリプト」について理解した後は、いよいよ「スプライト」を動かしましょう。

スクラッチの使い方講座 第3回


スクラッチの使い方講座 第4回

「条件によってプログラムの動きを変える」という、より本格的なプログラムを作成します。

スクラッチの使い方講座 第4回


スクラッチの使い方講座 第5回

「処理を繰り返す」プログラムを作成します。 「条件分岐」も「繰り返し処理」もプログラミングで頻繁に使用される処理です。

スクラッチの使い方講座 第5回


スクラッチの使い方講座 第6回

「条件分岐の処理」と「繰り返し処理」を組み合わせたプログラムを作成します。

スクラッチの使い方講座 第6回


スクラッチの使い方講座 第7回

スプライトと会話を行うプログラムを作成します。

スクラッチの使い方講座 第7回


スクラッチの使い方講座 第8回

変数を使用するプログラムの作成を行います。 変数はどんなプログラムを作成する際にも必要な物で、これを学ぶことで更に本格的なプログラムを作成することが可能になります。

スクラッチの使い方講座 第8回


スクラッチの使い方講座 第9回

値を比較するプログラムの作成を行います。 第8回の変数も利用します。

スクラッチの使い方講座 第9回


スクラッチでくじ引きゲームを作ろう 第10回

くじ引きのゲームの作成を行います。 とっても本格的なプログラムになるので、少し内容が難しいかもしれません。

スクラッチでくじ引きゲームを作ろう


NEWS新着情報

2019年1月5日
実際にヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室にいってきました。

スクラッチの使い方ナビゲーション